01

遠征ライドは楽しいですが、輪行が面倒くさいという人も多いかと思います。もし自転車を輪行袋に入れることなく、そのまま電車に乗れたら・・・そんな夢を叶えてくれるサイクルトレインの実証実験が、6/1から伊豆急で始まりました。ということで早速挑戦してきましたのでレポしたいと思います。

サイクルトレイン(以下、CT)が使えるのは、伊豆急の南伊東駅~下田駅間のみ。

なので、南伊東駅までクルマで行って、冷川峠~西伊豆スカイライン~天城峠経由で下田駅まで走り、下田駅からCTに乗って南伊東駅まで戻ってくるというルートを作成(距離105km、獲得標高2400m)。

00

問題は、CTの下田駅発の最終が16:15と早いこと。5:00に家を出て、ご一緒いただく久翠さんをピックアップして、8:30頃に南伊東駅をスタートしましたが、16時前にゴールするのは結構ギリギリ。

最悪間に合わなかった場合の保険で、輪行袋を一応持参しました。

荷物が多くなってしまいましたが、トラブルがあったら自走で帰ってこなければならなくなるので、仕方ありません。なお、CTの最終は16:15ですが、電車自体は夜遅くまで走っているので、輪行袋があれば帰っては来れます。


梅雨の真っ只中にもかかわらず、最高気温25℃、降水確率0%の曇り模様と絶好のサイクリング日和。

しかし、湿度が異様に高く、全身から汗が吹き出してきます。。
03

冷川峠までは、クルマもほとんど通らないとても走りやすい林道。
02

西伊豆スカイラインの絶景もイマイチ。富士山はかすか~に見えましたが。
04

風早峠に到着したところでようやく工程の半分、残り50km&1200mアップ。
07

時刻はすでに13:00。暑さでペースが上がらないので、かなりピンチです。
05

ランチを食べなければ間に合いそうですが、腹ペコで死にそうなので、湯ヶ島で猪料理の店へ駆け込む。イノシシ丼を注文。
06

イノシシは初めてですが、正直・・・。臭みはなかったのですが、とにかく固かった。。自転車で汗だくの我々のために、ご主人が「スタミナがつくように肉をいつもの倍入れておいたよ~♪」と言ってくれたのですが、申し訳ありません;;

午後は、初めての天城越え(^o^)ワクワク
が、殺人的な湿度に炎天下も加わって地獄の暑さに。
なんとか天城峠をクリア。
08

思ったより短くて助かりましたが、下田街道は狭い道をダンプやトラックがバンバン走ってて、怖かったです。。

ループ橋(下り)も初体験。楽しかった。
09

時間を見ると、もしかしたら間に合うかもしれない!
二人で一生懸命ローテして、最後の海岸沿いのアップダウンも全力で頑張ったおかげで、15時すぎに下田駅ゴール!\(^o^)/

山あり・海ありのとっても楽しいコースでした。
10

さて、いよいよCTの人柱へ。
駅員さんに聞くと、予約が必要だそうです。
最大6台まで載せられますが、予約は当日その場でしか出来ません。
事前予約は出来ないので、実際にゴールしてみないと乗れるかどうか分からないというのはかなり怖い。

平日なので幸い予約ゼロでしたが、土日は結構混雑しているそうですから、輪行袋は必須ですね。

11

斬新な絵!ww(久翠さんのジャージも勝るとも劣らず斬新ですが(笑)

実際に乗ってみた感想ですが、やっぱり輪行袋の作業がないのは超ラクチン!\(^o^)/
12

ぜひ全国に広がってほしい!と言いたいところですが、乗客が多いとかなり邪魔であることに変わりはないので(倒れるおそれもあるし・・)、ガラガラ区間での限定的な運用になるのではないでしょうか。

<気になった点>

・予約状況が事前に分からないので、乗れる保証がない(保険のため輪行袋は必須)
→例えば、6人で行って一人だけ乗れないということも大いにありうる。

・南伊東~下田間という限られた区間だけなので、伊東駅より先に行く場合には、結局輪行袋に入れなければならない
→我々のように南伊東駅までクルマで行くというような使い方でないと現実的でない

また、当然、車内で輪行袋に入れる作業は禁止と明記されているので、一旦南伊東駅で降りて梱包作業が必要だが、そこまでするなら最初から入れたほうが楽じゃね?^^;

・ルール上、立ったまま自転車を押さえていなければならない
→実際には1時間立ちっぱなしは厳しいので着席することになると急ブレーキなどで倒れる恐れがあるので、倒れない工夫が必要。あときちんと立てかけないとカーブなどで左右に動きます。

・運転室のドアにかかるように置かざるを得ないため、運転手さんが出入りするたび移動しなければならず、熟睡が出来ない。
→こればかりはしゃーない。

・一般客に浸透していないので、駅員にクレームを入れる人がいる?
→実際に、自転車を載せていいの!?と駅員さんに詰め寄ってる(?)ご婦人がいらっしゃいました。


とまあ、自転車乗り的には素晴らしい取り組みですので、ぜひ続けてほしいですね。
皆様もぜひチャレンジしてみて下さい(^o^)

走行距離:105km
獲得標高:2300m
TSS:298





最後までお読み頂きありがとうございます!
よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村