01

11/6(日)は独りで和田峠~半原越を走ってきました。

前日の11/5(土)は、葉山で行われる南郷ヒルクライムにエントリーしていたのですが、
思いっきり寝坊してしまってDNS・・・(T_T)

翌日曜は用事と仕事の予定だったのですが、こんな最高シーズンに全く走れないのはモッタイナイので、なんとか土曜にすべて済ませてライド時間確保。

今週は特にチームライドもなかったので、一人で走ることに。基本的に一人でのロングライドはあまり行かないのですが、完全マイペースもたまにはいいかな。

せっかくなのでめったに走らないトコということで、東京・神奈川の屈指の激坂「和田峠~半原越」を一日で走るプランでコースを引く。

こんな感じのトータル170km。
02

奥多摩方面の和田峠と厚木方面の半原越を一日で!?と思いますが、地図を見ると相模湖を経由して実はそんなに距離はない。ただしアップダウンの強烈な412号を走るので、それなりにキツイです。

ブログを遡ってみると、和田峠はロードを始めたばかりのちょうど5年前の同日に登って以来。何か運命を感じますw

半原越は実は初めてです。半原の辺りはしょっちゅう走っていますが、誰も登ろうと言い出さなかったので機会がありませんでした。その理由はこの日よく分かりましたが(笑)

待ち合わせもないので適当に起きて7:00に出発。

多摩サイ~20号~陣馬街道というルートで60km走って懐かしの和田峠入り口。

03

①和田峠(八王子ルート)
 
 距離:3.3km
 平均勾配:11.7%


序盤は比較的緩やか。

相変わらず登山客と車が多い。

徐々に勾配がキツくなって、10~15%がひたすら続く。

平均10%超えの激坂は色々ありますが、
和田はとにかく足を休める場所がないのでキツイ。

04

単純に数字だけを比べれば風張林道のほうがハードっぽいが
走ってみると、個人的には和田のほうがキツイ!(T_T)

かなりゼーハーしてゴール!
05

峠の茶屋は物好きなローディーで賑わっていました。

和田峠は景色がまったく良くないので、ご褒美感が少ないのですが、
ちょっと下ったところで絶景の富士山スポットを発見。
06

相模湖までビューンと下って、道志みちを横目に412号へ。
相変わらずハードなアップダウンの連続ですが、
ちょうどスタートから100km走ったところで半原越の入り口に到着。
分かりにくい場所ですが、事前にガーミンにルートを入れてきたのでバッチリ。


②半原越(愛川町ルート)

 距離:4.6km
 平均勾配:9.2%


半原越は「はんばらごえ」と読みます。
変わった名称ですが、要するに半原峠ってことのようです。

昔、養蚕が盛んで繭を背負って峠を越えたことから
その名がついたそうですが(ネット情報)、
その名前のせいか、いまいちマイナー感が拭えません。

かくいうボクも初めてで、
こういう機会がなければ登ろうとは思いませんでした。
この日もローディーとは一人もすれ違いませんでしたしね。


和田峠と違って、人っ子ひとりいない貸し切り状態なので走りやすい。
前日に思い立ったので、距離5km位で平均10%位程度の予備知識しか無し。

序盤は比較的緩やかで、これなら余裕だな~
簡単すぎて人気がないのかな?
なんて余裕ぶっこいてたら、途中から半原の神が牙を向きます。
07

13~15%が延々と続き、10%になると平らに感じる。
それに長い!
景色も変わらないし、平均10%の4.6kmは、平均5%の10kmくらいに感じる。
実際速度も1/2程度だから、あながち間違ってはいないが。

峠に到着・・・ハアハア
08

景色は良くないし、道は悪いしで人気がないのがちょっと納得^^;
でも人っ子ひとりいないこの感じ好きです。

長後街道~中原街道のいつものアップダウンルートで17:00帰宅。

172km、ジャスト10時間のオンリーロンリーライドでした。


最後までお読み頂きありがとうございます!
よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村