01

昨日に引き続き、連休2日目(7/17)は、チーム恒例の冒険企画(主催:kameさん)で、赤城山をグルっと走ってきました!

さて、弊ブログの読者の皆さんにはすっかりお馴染みかと思いますが、kameさんが作る冒険コースはなかなか過酷です。

昇仙峡 
渋峠
秩父
奥多摩
南アルプス

獲得標高3000、4000は当たり前!
灼熱地獄あり、コンビニはおろか自販機すらない秘境あり!
と完走、いや生命すらも危ういものばかり。

ところが、今回の企画が上がってきて驚きました。

距離:100km
獲得標高:2500m

02

おやや?(・・?
距離も獲得も冒険にしてはソフト路線。
見たところ激坂もなさそうだし、観光地っぽいのでお店がないということもなさそう。

どうしちゃったんだろう・・・。
あまりに過酷だという評判が先行して、ほとんど参加者がおらず(ボクくらいしか)、路線変更したのかな?
いやいや、きっと数字には現れていないスゴイ道が隠されているはず!


ところで、今回走る赤城山と言えば毎年ヒルクライムレースが行われていることでも有名です。ご存知の方も多いかと思いますが、このレースは、もともとは高千穂遙先生の小説「ヒルクライマー」の中の架空レースが現実化したものなのです。
03
もちろんボクも愛読していますが、走った後に読むとより楽しめると思います。ちなみに今年の赤城山ヒルクライムは9/25に開催されるようです。もちろん参加しません(笑)。

こちらの動画も面白いです。




さて、梅雨明け前のこの時期。最大の関門は天気でした。毎日、前橋の天気予報とにらめっこしていましたが、日に日に悪くなる一方。前々日時点では降雨確率60%と絶望的でした。

しかし前日にまさかの持ち直しで夕方までは降らない予報に変わったので、前日夜9時に決行の連絡。


スタート地点の前橋グリーンドームまではクルマ車載。途中でkikiさんをピックアップして、8:30集合に余裕を持って出たつもりが、関越の渋滞にハマり、スタート時間9:00ギリギリに到着。

04

この日は参加者10名と冒険企画とは思えない大盛況w

女性新メンバーのななじじさんもAdagioライドデビュー♪いきなり冒険企画に名乗りを上げるとは相当の強者と思っていたが、どうやらどういう企画だか理解せずにとりあえずエントリーしたらしい(笑)。


写真を撮ろうとしたら、デジカメ(RX-1)が充電切れ><;ちゃんと充電したはずだったのですが、前日にコンビニで倒されたときに壊れたか。。

仕方ないので今日はスマホで撮って、足りない分は他のメンバーが撮影した写真を使わせてもらいましょう^^;


最初は、赤城山ヒルクライムのコースを登ります。

距離:20km
獲得標高:1300m
平均:6.4%

スバルラインをちょい短くした感じでしょうか。でもこっちは前半が緩くて後半が厳しく、休めるポイントがほとんどないので、スバルラインよりもタフだそうです。
 
まあ我々はレースでもトレーニングでもないので、ゆっくりおしゃべりしながら登りましょうね♪
05
やばい!こんな楽しそうな写真アップしたら、真面目に練習しろとパンチさんに怒られちゃう~~(>o<;)


牧草地に自転車ラック?
06
珍しいので思わず記念撮影しちゃいました。サイズもピッタリ!笑。まさか自転車ラックではないと思いますが、何のために道具なんでしょう・・・。


曇で気温は27℃くらいですが、湿度がめっちゃ高く、汗が滝のように流れてきます。

水の消費量がハンパないですが、補給ポイントがないことに備えてツーボトル体制(1つは保冷ボトル)で臨んだので、足りなくなることはありませんでした。皆はワンボトルのようでしたが、チャレンジャーだなあ(笑)。

途中、蕎麦屋さんのところに自販機があったので補給。たしかここから先はなかったと思うので、できればここで補給しておきましょう。
07
先行組を待たせていることもすっかり忘れて談笑中(笑)

ワイワイ走っていると忘れてしまいますが、残り距離の標識が、ここが神聖なヒルクライムレース会場だということを思い出させてくれます。
08
なげー。

景色も勾配も全然変わらず、だんだん飽きてきますが、ペチャクチャおしゃべりしていたらいつのまにかゴールでした(笑)
10

この日は曇りで気温低めだったので良かったですが、炎天下だったらキッツイでしょうね。物凄い絶景が楽しめるというわけではないですが、道もいいし、それほど車もいないし、のんびり登るにはとても楽しいコースです。

ゴール地点にある売店でソフトクリーム補給。
スマホで撮った写真がピンボケしまくりだったので、kikiさんの写真を使わせてもらいます(笑)。
11
自転車の人は大盛りにしてくれるというナイスなお店。味も非常にGOOD!観光地の売店とは思えないハイレベルなソフトでした(某牧場より全然美味い)。

ただ難点は、蜂が多いこと!!
自転車の周りに10匹くらいタムロしてるし、家に帰って気づきましたが脚や尻を10箇所くらい刺されてました><;痛い・・・。
13
よく見ると注意書きが・・・


ランチは頂上近くのお蕎麦屋さん。十割そばが名物のようですが、十割はちょっと好みじゃないので、カレーうどんをチョイス。
12


食後は、上毛三山パノラマ街道を15kmのダウンヒル。道が広くてキレイで車も少ないので、思いっきりダウンヒルが楽しめます。最高に気持ちイイ!!これぞこの世の極楽。この快楽を知らないで生きてる人は絶対に人生損してるね。

下りきったら薗原ダムの絶景がお出迎え。
14

今回のライドは、大ボス→中ボス→小ボスという順番で3つの山を超えます。最初に大ボスをクリアしちゃうと後が気楽ですね。このへんも冒険度が低いですね。

中ボスは、10kmで500mほど登ります。峠の名前は分かりませんが、ヤビツよりちょい短い感じですね。
19
こうやってkameさんの尻を撮っていると、過酷だった冒険ライドがフラッシュバックします(笑)

ここもワイワイ登ってたらあっという間にゴール。


また15kmくらい最高の下りを堪能して最後の上り(小ボス)へ。

途中で特許を取ったという大福屋があったので補給。
15
自分は全然お腹すいてないし、過去のトラウマから補給食をたっぷり所持していたのでパス。

どんな特許大福かって?プロの料理人も「唸る」その味を、ぜひ実際にその舌で試してみて下さい^^
16


最後の小ボス。5kmで400mくらい登ります。ちょっと林道ぽくて、やっと冒険らしくなってきたか。
17

短いですが、10%が続く結構タフな上りです。
最後くらいちゃんと走らないとパンチさんに怒られてしまうので、本日初めて真面目に登りました(;´Д`)ハアハア。

ピークに峠の看板とかはないのが残念。
18
というわけで本日の業務は終了です^^。お疲れ様でした!


最後はスタート地点のグリーンドームまで25kmの下りを楽しんで18:00ジャストにゴール。
100km、ジャスト9時間。
雨にも降られず、かえって涼しくて結果オーライ。

全然疲れていなさすぎて逆に罪悪感・・・(パンチさんごめんなさい;;)

かぜさんが両足攣りで途中リタイアした以外は事故やトラブルもなく、平和すぎて最高に楽しいライドでした。新人女性ライダーのななじじさんも余裕の完走!

これまでのkameさんの冒険企画は、満身創痍で命からがら帰ってくる(or 完走できない)のがデフォでしたが、今後はこういう企画になると思うので、チームのみなさんは奮ってご参加くださいね!笑。(引き続き女性チームメンバー募集中です♪)

今回のコース。スタート地点は少々遠いですが、登りも下りもとても走りやすく、ゆっくり走ればそれほど難易度も高くないので、たまの遠征ライドにオススメです。赤城山を登って下りるだけでもいいですが、ぜひグルっと一周してみて下さい♪


冒険度 ★☆☆☆☆
難易度 ★★★☆☆
疲労度 ★☆☆☆☆
楽しさ ★★★★★
00

一緒に走った仲間のブログです。
kameさんのブログ 

kikiさんのブログ 
KIKUさんのブログ

最後までお読み頂きありがとうございます!
よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村