01

仕事も一段落し、GWは走るぞ~ということで、昨日5/2は奥多摩の奥地の秘境を走ってきました。半年ぶりのヒルクライムで、無謀にもいきなり超級山脈チャレンジです。

普段あまり休みの合わないチームメイトの久翠さんと、せっかくなので車載で気持ちの良いコースを走ろうと計画。草津(渋峠)や伊豆のリベンジも良かったのですが、チームの冒険部のkameさんのブログで面白そうなコースを発見。大月スタートと比較的アクセスも良く、景色のいい山岳コースを満喫できそうだったので決定しました。

こんなコース。20
 




距離:125km
 
獲得標高:3500m(!!!)

そういえば山登りはいつ以来だったかなあとブログを見てみると、最後にヒルクライムしたのは去年の11/2。ぴったりちょうど半年ぶりとキリが良いですが、果たして無事に帰ってこれるのでしょうか・・・。

もともとkameさんがグランツールの山岳ステージを体験しようと計画したコース。

松姫峠(1級)~今川峠(3級)~柳沢峠(1級)~上日川峠(超級)~笹子峠(2級)
と、5つの峠があり(カッコ内はkameさん評価)、まさに日本のピレネー、グランツールの山岳ステージ体験にふさわしいコースプロフィール。(もっともグランツールのガチの山岳ステージは獲得標高5000mとかありますが^^;)

車でピックアップ出来そうな仲間に声をかけましたが、一応平日なので皆さん仕事。
久翠さん、kikiさん、yamawoさんと坂大好き4人組でのライドになりました。
今日はよろしくお願いします!
02

大月駅に8時集合して、まず最初の松姫峠を目指します。


①松姫峠(1級)

大月駅から松姫峠までは約24kmで標高1200mを登ります。ちょうど富士山スバルライン1本分といったところでしょうか。長いですが、平均5%ほどなので、特に問題ないでしょう(たぶん)。

スタートしてすぐに山の中を走れるのが車載ライドのいいところ。いきなり10%の登りなのはさすが山岳ステージ。

最初のうちは皆でのんびりわいわい登っていたので、意外と余裕かななんて思ってましたが、この後とんでもない地獄が待っていようとは・・・。
03

天気は最高、気温も20℃ほどで絶好のサイクリング日和。
さすが奥多摩奥地の秘境、車もほとんど走っておらず最高!
04

真っ暗闇のトンネルも、車がいないのでそれほど怖くありませんでした。
05

松姫峠クリア!
06



②今川峠(3級)


10kmほど下り切った小菅にある「道の駅こすげ」で小休止。


甲斐路ぶどうのソフトクリーム(200円)。
07
さっぱりとして美味し!

さらに目に止まったヤマメの天ぷら(150円!安っ!)
08
揚げたてサクサクホクホクで激ウマ!これは来たら絶対食すべし。


お腹も満足したところで、2つ目の今川峠を目指します。

距離3kmと短いですし、kameさんの評価は3級だったのでノーマークだったのですが、これがトンだガセ!w

後でみたら3kmで300m登るんですから、平均10%じゃないですか(涙)。
ってこのスペック、まるっきり和田峠じゃないっすか!

常に10~15%という感じで、もうキツイキツイ。短いから何とかなりましたが、この時点で売り切れました;;

今日は激坂はありませんので!と伝えていたために、ノーマルクランク39T×23T(笑)で参戦の久翠さんの怒りが伝わってきます・・・。
09

スイマセン、ここは1級に訂正させていただきます!


③柳沢峠(1級)

次はいよいよ柳沢峠です。距離18kmで800m登るので平均4%ほどでしょうか。風張峠に近い感じですが、今川峠の後だと天国に思えます。実際登っていても5%くらいがずっと続くので気持ち良くヒルクライムを楽しめました。

10
今日は白ジャージ。(撮影:kikiさん)

しかし、ここは秘境。そんなに甘くはありません。コンビニはおろか自販機一つありません。気温は低めでも炎天下のヒルクライム。思ったよりも水分を消費します。道の駅で補給を忘れたので、柳沢峠の途中でボトルが空に!

まずいなあと思っていたところに恵みの自販機!ファンタグレープを一気飲みして回復。
ここを走られる方はくれぐれも水分補給にはお気をつけて。

途中で太腿の両内側が攣るという初の体験をしましたが、yamawoさんに足攣り薬を頂いて何とか回復。

柳沢峠クリア!
11

峠の茶屋でランチ。
麦とろご飯と蕎麦のセット。美味し!生き返った~。
12



④上日川峠(超級)

お腹も満足したところで、本日最高地点(1600m)の上日川峠へ。
kameさん評価では超級とありますが、まさに超級。ここはヤバイ!

7kmで700m登るので、ちょうど明神峠+三国峠と似たスペック(涙)
ここまで登ってきて、さらに平均10%を7km登り続けるのはまさに地獄。

スタート地点。まだ皆笑っています(笑)
13

登り始めでいきなり15%が登場。まあ最初だけでしょうと思ってら、これが延々と続く。登っても登ってもコーナーを過ぎると壁が現れ、心をポッキリと折られそうになります。

ゆるくなったなと思ってもまだ10%。しかもご丁寧に「峠まで残り○km」という表示が数百mおきにあります。残り数kmを切ってからならやる気も出ますが、残り6kmとか書かれても嫌がらせ以外の何者でもありません。

サイコンの調子が悪くて、途中で勾配が表示されなくなってしまったのですが、10~15%が7km続くとんでもない坂でした。

半年ぶりのヒルクライムで一番きつかったのが腰でした。今まで腰に来るという経験はなかったのですが、久しぶりの長い登りで、想像以上に腰に負担がかかったようです。

なるべく体勢を変えたり、ダンシング多用したりして誤魔化してきましたが、とうとう限界ギブアップ。景色の良いところで休憩。

まさに笑うしかない超級山岳。絶対に真夏に来てはいけません。
15
(撮影:kikiさん)

満身創痍で上日川峠に到着。
16

この先に大菩薩峠という登山スポットがあるようで、登山客がたくさんいました。
自転車では登れないみたいですが、ここからさらに登ろうという人はいないでしょう(笑)

39T×23T(笑)の久翠さんも無事にゴール。
激坂マイスターといえども、さすがにここはキツかったでしょう・・・お、お疲れ様でした。
17

ここから20kmの豪快ダウンヒル。
道も比較的キレイで、車もほとんどいないので、思う存分楽しめます。
(ただしたまに対向車が来るので油断禁物)

が、さすがにこの日は下り疲れました。まあ3500m登れば当然それだけ下るわけで、下りもお腹いっぱいです。


⑤笹子峠(2級)

いよいよラストの笹子峠です。
8kmで400m。似たような坂が思いつきませんが、表ヤビツの名古木~菜の花台までといった感じか。決して楽な坂ではありませんが、地獄の上日川峠の後なので可愛らしく見えます。

しかしここまでで完全に脚が売り切れているので、感覚的には超ハードコース。
18

最後くらいは、沖縄210kmを目指されているガチレーサーのyamawoさんについてみようと頑張ります。気を使ってペース調整して頂いたお陰で、何とか最後まで千切られずに済みましたが、今日一番キツかった(涙)。ゴール後はマジでそのままぶっ倒れるかと思いました。もう1000%出し切りました!
19

最後のは大月駅まで20kmのダウンヒルで(もう嫌!><)、ギリギリ日没前にゴール!


というわけで、グランツール山岳ステージ体験コースを見事コンプリート!
いや~~~登った登った超満腹。
キツかったけど楽しかった!!
皆さん、本当にお疲れ様でした。
半年ぶりでも何とかなるもんですね(笑)


それほどメジャーなコースではないと思いますが、さすが秘境だけあって、GWなのに車は本当に少ないし、信号もなく道もキレイ。都心から自走というわけにはいきませんが、坂バカには最高のコースの一つだと思います。

距離はたった125kmですし、獲得標高3500mと言っても、
スバルライン→和田峠→風張峠→明神・三国峠→ヤビツ峠(菜の花台まで)を1日で登るのをイメージしていただければ楽勝かと存じます^^


ご一緒いただいた皆さん、特にお迎え付きで往復運転していただいた久翠さん、本当にありがとうございました。

最高に苦しく、最高に楽しい1日でした♪

 

最後までお読み頂きありがとうございます!
よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村