00

先週行われたサイクルチャレンジカップ藤沢2016(CCCF)のリザルトが発表されました!
結果は・・・

6位!

01

パチパチパチパチパチパチ・・・

まあ、自分は3周しか走っていないので、何も貢献してませんが(笑)
チームとして思いのほか良い結果となり嬉しい限りです。

このレース、ラップクリップみたいなリアルタイムの順位速報がないので、
走っているときは順位が分からないのですが、
リザルトで全ラップのタイムが掲載されてしまいます!
さぼっていると後でバレて、友情が壊れる可能性があるのでご注意を(^皿^)

個人的な好きなコースレイアウトなので、
練習状況によっては、来年はソロか二人ペアで上位を目指したいな!


さて、なんでわざわざこんな記事を上げたかというと、
数日前に運営会社のパワースポーツさんから、一通の封書が届いたからです。
 
ん?参加賞でも入っているのかな?と思い封を開けると、中にはお詫び状が。

前回の記事でもちょっと触れましたが、実はレース最終ラップで致命的な運営ミスがありました。
ゴールライン通過前にスタッフが計測チップの回収を始め、最終ラップの計測がされないままゴールという前代未聞の珍事。

お詫び文によると、どうやら昨年とゴールの位置が変わったのに(去年はかなり手前だった?)、
スタッフが去年と同じと勘違いして、ゴール手前で回収を始めてしまったというのが原因のようです。
まあ普通に考えればありえないミスです。(誰か一人くらい気づくだろう・・)

結局、最終ラップに入った時点の順位がリザルトになったようですが、
真剣に走ってた人たちにしたら、納得いかないでしょう。
最終ラップで勝負をかけようと思ってた人も多かったでしょうから。


で、お詫び状の内容ですが、

・本来であれば全額返金すべきだが、そうすると倒産してしまうので勘弁して欲しい。
・返金希望の方は、いくらを希望するかアンケートに書いて送って欲しい。
・納得できない方がいれば、直接説明に伺うので都合の良い日を教えて欲しい。

とまあ、ざっくりこんな感じでした。
よっぽど強いクレーム を入れた人がいるのでしょうか。
直接お詫びに出向くって、よっぽどですよ。

個人的な感想としては、
大規模な返金騒動に発展して、運営会社がなくなってレースが消滅してしまうのは悲しいっす。
数少ない近場で参加しやすいレースですからね。

それに聞けばまだ開催2回めとのこと。
色々不手際はあるでしょう。
運営会社としての事後対応もこれが精一杯だと思いますし、なんとか話が大きくならないで欲しいものです。

そもそもレースって、こういうのも含めてレースなのではないでしょうか。
あってはならないけど、人間がやることなのでミスは必ずあるもの。
むしろいい思い出になったという考え方も。 

世界最高峰のグランツールだって、あり得ない運営ミスが結構ありますよね。
最近だとゴールゲートにチームバスが突っかかって、ゴール位置がレース中に変更になりそうだったり、
カメラマンのバイクが選手に突っ込むとか・・・
F1だって結構、運営がボロボロなレースあります。

ゴネている方も、納得いかないかもしれませんが、
そういうふうに割りきってぜひ穏便に済ませてほしいなあ。。


お詫びするというなら、返金なんてしなくていいから、

①試走時間を作ってほしい!
②リアルタイム順位速報を出して欲しい!
③補給食を購入できるようにピット位置などを改善して欲しい!


事情はあるのでしょうが、ぜひお願いしますm(__)m 



最後までお読み頂きありがとうございます!
よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村