01

超・今さらになりますが(汗)、去年大磯クリテリウムに参戦した時に、ワコーズさんの「ケミカルニュートラルサービス」を受けて、目からウロコなチェーン清掃テクニックを教えて頂いたのでご紹介したいと思います。

予約すると無料(!)で車体全部ピカピカにしてもらえるそうですが、今回はもう予約が埋まっていたので、チェーン洗浄だけしてもらいました。

最近まったくバイク掃除をしておらず、オイルが切れそうになったら上からブッカケて、軽く拭き取る程度しかしてませんでした。普段使っているのがウェット系オイルなので、チェーンもギアも真っ黒ドロドロ状態。まさに典型的な悪い見本だと言われました(涙)

このサービス、単に洗浄をしてくれるだけでなく、やり方や目的・効果などすごく丁寧に説明してくれます。特に今回教えてもらった方法は、なんと、「ガラスクリーナー」を使うと言うもの。

え?!ガ、ガラスクリーナー?って思いますが、目の前で作業していただいて、驚きの連続。
まさにプロの裏ワザ!


では、教えてもらった作業の流れをご紹介しましょう♪

①チェーンクリーナー洗浄
 
チェーンクリーナーを吹きかけて、チェーンやスプロケなどの表面をブラシでゴシゴシ。
この作業がポイントだそうです。
02


②ガラスクリーナーで洗浄
 
ここで登場するのが、まさかのガラースクリーナー。
04
この状態で、ガラスクリーナーをブシュ~っと吹きかけます。

しばらく放置していると泡が染みこんで、真っ黒な液体がジュワーッっと滲み出てきます!
これがなかなか見ていて気持ちがいい。
動画に収めたいくらいでしたが、タイミングを逃しました・・・><
しばらく待ってウェスで拭き取ります。
03


③注油する

内部の汚れがキレイになったら(指でこねてシャリシャリしない)、最後にチェーンオイルをほ~んのチョビっと注して終了。ビックリするくらい少量しか注油しないんですね@@;。オイルの注し方のコツなんかも教えてもらいました。

以上。たったこれだけ。


ビックリするくらい回転やシフトチェンジが軽くなりますよ!と言われたのですが、

またまた~オーバーなんだからぁ。どうせ営業トークっしょ?^^;

・・・って何これ!メチャ軽!!

いやホント、誇張でも何でもなく、回転がもの凄く軽くなり、シフトチェンジもスパッと入るように@@;
レース前にやってもらえば、勝ててた・・・なんてことはないと思いますが(笑)

帰宅後すぐに、ガラスクリーナーを購入したことは言うまでもありません。

チェーンの洗浄は、今までずっとワコーズさんのフィルタークリーナーを使っていましたが、欠点は水で洗い流さないといけないこと。休日に外でがっつりとバイク清掃するならいいですが、部屋でちょっとチェーン掃除するには向いていません。

ガラスクリーナーなら泡と汚れを布で拭き取るだけでOK。フィルタークリーナーや灯油でシャカシャカするのと同じような効果があるとのこと。

チェーン掃除は、何となく表面がピカピカになったら掃除した気になりがちですが、実は外側はあまり重要でなく、中の汚れが一番の問題だそうです。外側だけどんなにピカピカにしても、コマの中に汚れが残っていると、性能を引き出せないのだと。なるほど~...ψ(。。)メモメモ...フムフム。

あとガラスクリーナーが便利なのが、リムやボディーも水を使わずに掃除できちゃうこと。こんな方法を聞いちゃったら、ついつい掃除をサボっちゃいそうですが、フィルタークリーナーと上手に使い分けできたらいいですね。

文章だと上手く伝わらない部分もあるかと思いますので、ぜひレース会場に足を運び、サービスを体験してみてはいかがでしょうか(^^)


最後までお読み頂きありがとうございます!よろしければクリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日の走行距離:0km
今月の累計距離:0km

本日の体重:**kg
本日の体脂肪率:**%
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆