01
(撮影:evo1さん@Adagio)
昨日(12/1)は、年末の大一番、ワイズカップ4時間エンデューロにKR(KUOTA RIDERS)で参加してきました!
ワイズカップは、昨年レースデビューを果たした思い出深いレース。
そのときは訳も分からず、とりあえず走っただけという感じでしたが、1年経って少しはレベルアップはしているのでしょうか!? 


今年、KRでは、20名6チームという大所帯で臨みました。
昨年のブログを見ると、8人2チームでしたから、大きくなりましたね~!

さて、4時間チームエンデューロというと、4名体制が一般的(?)なようで、
前回のワイズカップ、3月の東京エンデューロと、4名チームで走りましたが、今回はあえて2人チームにしました。
好成績を狙うなら、4人のほうが有利なのは間違いない(と思う)のですが、
一人1時間だと、どうも物足りない感じになっちゃうんですよね。待ち時間のほうが長いわけですし。
2人でも、休憩を取るように交替すれば、ある程度は回復できそうですし、
何より、この季節は、走っている時よりも待っているときのほうが寒くてツライですから!

というわけで、KR屈指の若手ルーラー、タックミーさん(最近サーベロ購入)とタッグを組むことにしました。
チーム名は、NICOTAMA Express。
ともに都内住みで二子玉川のTTポイントをメイン練習場所にしているというだけの理由です(笑)


今回は、特に話し合った目標というわけではないのですが、出来れば上位10%(50位以内)に入りたい。
(去年は上位20%100位以内という目標は達成したので)

そして、もうひとつは、同じく2人チームで臨む、joyさん&もじもじ君の「チームJOMO」に勝つこと!
とはいえ、このチーム、いかに恐ろしい鬼チームかは、言うまでもありません。
joyさんは、先日JCRC選手デビューしていきなり5位入賞(!)を果たした脅威のアラフィフ。
もじもじ君は、ヤビツ35分の真性SB。もちろん平地も爆速のアラサー。
まっとうに力勝負して勝つのは、どう考えても困難そうなので、
ピット作戦でなんとかいい勝負には持ち込みたい、という消極的目標(笑)


さてさて、今日の予定は、、7時から試走で、8時半レーススタートなので、6時半には会場入りしようと
5時に駒沢通りのいつものセブンでタックミーさんと待ち合わせ。
10㎞なので4時半に家を出発。
酷寒に備えてかなり厚着をしましたが、思ったよりも寒くない。気温10度くらい(ガーミン)。


快調に環七を走っていると、トラブル発生!!
なんと、タックミーさんのべろさー号のプーリーが走行中に外れてブッ飛ぶΣ(゚Д゚)
という見たことも聞いたこともない事態が!
02

プーリー本体とワッシャーはすぐに見つかりましたが、小さいネジ(?)が見つからない。
外はまだ真っ暗。米粒のようなネジの捜索は困難を極めます。
会場に辿りつけさえすれば、シマノのメンテナンスブースがあるので何とかなる。
最悪、そのままシングルスピード状態で走るか、タクシーか。

呆然としていると、
「ありました!」との声。
プーリーに付いてたというオチでした(笑)

修理も無事完了し、なんとか時間には間に合いそうです。
皆さんもプーリーの増し締めは意外と見落としがちですから、ぜひ一度ご確認下さい。
(私も慌てて確認したら、少し緩んでました。。)


少し遅れて会場入りすると、皆さんすでにお揃いです。
寒い中、早朝から場所取り&テント設営していただいたようで、本当に本当にありがとうございますm(_ _)m
03
キャンプ気分でテンションあがる~♪

もちろん今年も"純喫茶DUCK"は健在!
温かいコーヒー&ラーメン、身にしみました。
04

今朝はほとんど何も食べず(途中でフライドチキン1個)走ってきたので、とりあえずケバブで朝食。
05
今年は、食べ物の屋台が少なかったですね。
吉野家とケバブと串焼きだけだったかな。冬にやるんだから温かい汁物くらい呼んで欲しかった。


試走を済まし、ウダウダしているうちに、あっという間にスタート時間。
そうそう、我がチームの作戦はと言いますと、
べろさー番長をトップバッターに、1時間交替で頑張って、できるだけピット回数を減らすという単純なもの(笑)
彩湖は、ピットストップでかなり時間をロスするので、このような作戦にしました。
私の大嫌いな「気合と根性」がモノを言う作戦です^^;

逆に、ライバルのチームJOMOは30分交替で常にフレッシュな状態で走るという、「真逆」の作戦。
これまたどういう結果になるか楽しみですね。
ちなみにチームJOMOは、イヤモニ無線を使って連絡を取り合うそうで・・・ガチ過ぎる^^;


スターティンググリッドは、上級・中級・初級に分かれます(自己申告)。
当然のごとく(?)、我チームは上級グリッドの前から4列目あたりを陣取り、気合十分!
06
前に控えるは、KR選抜メンバーで構成されたガチチーム「チームKUOTAサミット」のtakeyaさん。
(他にsumさん、タカさん、29rさんのチーム)

先頭牽きでサポートしてくれるのは、ブリジストンアンカーの選手と「ブリッツェン」の団長安田さん。
07
プロ選手はオーラがありますね~。
それに引きかえ、団長は芸能人オーラがまったくありませんでしたね(失礼!)

そういえば、団長はキャノンデールじゃなくてキクロスになってました。
先頭牽きどころか1周くらいで、ついてけねーと止めてしまったような。。
ブリッツェンの実力を見せて欲しかったです^^;


スタートオオオオオオオ!!!
08
我がチームは、この黄色いシューズカバーが目印です。目立つでしょう?

今日は気温はやや低いものの、風は弱く、絶好のレース日和。
相棒は先頭集団に食らいついて、なかなかいいペースで頑張っているようです。
1時間経って、選手交替!
09
(撮影:evo1さん@Adagio)

エンデューロでいい成績を残せるかは、いかに足にあったトレインを見つけられるかにかかっています。
むしろ、それがすべてだと思います。
イイ列車に巡り会えれば、快適な高速レースを楽しめますが、見つからないと地獄です。
特に向かい風のストレートでは、列車に乗れば35㎞/h以上で巡航できますが、
単独だったら30㎞/hで走るのが精一杯ですから、タイムに大きく影響します。

この日は、運良く、いいトレインが見つかりました。
見も知らぬ4人と無言の共闘体制を取り、ローテを繰り返しながら、40㎞/hオーバーのラクラク巡航!
暗黙の了解で、先頭がヘタれる前にチェンジするという絶妙な阿吽の呼吸。
みんなマナーも良く、左に寄ってる遅い人を抜くときには、必ず声掛けをしてました。
去年は、ひたすらコバンザメしてるだけでしたが、(それが悪いこととは知らなかった^^;)、
今年はしっかり先頭牽きも受け持ち、我ながら頑張って貢献できたと思います。
もうね、楽しすぎです\(^o^)/。
23
(撮影:evo1さん@Adagio)

と、ここで目の前で落車発生!!
今回のコースは、去年と異なり、大外の直線バックストレートを使わずに、湖側のクネクネ道になっています。
それ自体は楽しいのでいいのですが、一部未舗装部分があります。
練習会のときも、この場所は危ないなと感じていて、どのような対策を取るのかと思っていましたが、
まさかの「半分だけゴム敷」
(未舗装部の左半分(追い抜き車線)だけを厚さ3cmほどのゴムシートで覆っただけ。右側半分はそのまま)

・・・・。
ないでしょ、コレ。

しかも、未舗装から脱出したあとの路面(舗装部分)は、砂利が敷き詰められた状態で放置。
ゴムシートが半分なので、自然とみんな左側ゴムに集まって突っ込みます。
当然、減速することになるので、舗装に戻るとみんなダンシングで加速しようとします。
そこに砂が敷き詰められているわけですから、ズルリと滑る滑る。
試走のときから、危なすぎ!と話題になってましたが、案の定です。

目の前を遅いスピードで走っていたマウンテンバイクが、ツルリと滑って大転倒。
私らは、すぐ後ろを40㎞/hトレインで走っていましたが、間一髪で避けてセーフ・・・。
あやうく集団落車発生でしたよ。。
私も避けるときに、砂利でコケそうになりました。
マウンテンバイクで滑るくらいですから、細いスリックのロードがいかに危ないことか。

と思ったら、次の周回でも、別のロードが落車してる!
危なすぎだろおおおお!!
「半分だけゴム敷」はともかく、砂利をなんで放置しているのか、まったく理解不能。
(さっと掃けばいいだけなのに) 
これ以外は、しっかり運営されていたので、本当に残念でした。


さて、楽しいトレインもやがて別れ別れになって、また新しいトレイン探しの旅へ。
運良く、すぐにいいペースのトレインが見つかったので、乗ることに。
途中、Adagioのユーノさん(別チームで参加)が単独で走っていたので、追い抜くと、
火が付いたようで、トレインの先頭に駆け上がって鬼の先頭牽き開始!
チェンジするタイミングを失うほど、バックストレートを高速で一気に牽いてくれました。申し訳ありません^^;
 
メインストレートに戻るとトレインがバラけてしまったので、また別のトレインを探して頑張ります。 
最初はいい感じでローテしてたのですが、私が先頭になったら誰も代わってくれない><;
結局バックストレートを全部先頭牽きしちゃいましたよ・・・。

結局、1回目の走行は、1時間で8周(1周5km弱です)しました。
走行距離は約38㎞(ピット含む)でしたので、平均38㎞/hくらいで走った計算になりますね。
我ながらいい仕事が出来たと思います。
なお、ラップタイムは、手動でやろうと思っていたのですが、
2周目以降はまったく余裕がなく、一度も押せませんでした。。(やっぱりオートにしよう)
11
(撮影:evo1さん@Adagio)

2時間経過時点。
トップ(KRの中で)は、やっぱりチームサミット(40番台)。
先頭のtakeyaさんは、最後まで超高速トップ集団に食らいついたそうでさすがです@@;
さらにだいぶ差がついて、JOMO、すぐ後ろに我がNICOTAMAという順位だったそうです。順当ですね。

joyさんとタックミーさんの同一周回の熱いバトル!
12
(撮影:evo1さん@Adagio)
親子ほど年の離れた2人が、同じ土壌でガップリ4つで戦えるというのもロードバイクの魅力の一つですね。


タックミーさんが2回目の走行から帰ってきて、いよいよ、私のラスト1時間です。
がんばれー!というKRからの温かい応援に「うおおおお!!」と、気合を入れたのはいいですが、
走りだしていきなり、ポツポツと雨が・・・

空は真っ暗。
1kmも走らないうちに、土砂降りに。
そして、それまでの穏やかな風が嘘のように、突風が吹き荒れます。
大量の落ち葉が、雨のように降ってきて視界をふさぎます。

しかも、運が悪く、前にも後ろにも走っている人がおらず、完全な単独走行。
猛烈な向かい風に、必死に漕いで30㎞/h出すのがやっと。

すると、
バチバチバチバチ!!!
という物凄い音とともに、が降ってきたではありませんか!

イタイイタイイタイイタイイタイイタイ(涙)
ヒョウの中を走るのはもちろん初めてですが、これが痛いのなんの。
顔を千枚通しでブスブス刺されるような感じ。

気温を見ると、それまで12~3度あったのに、5度しかありません。
インナーを着ているとはいえ、半袖レーパンの私にはキツすぎます><
濡れた体が凍りついて、命の危険を感じましたよ、わりとマジで。

正直走り続けるのは困難だと思っていたら、1周終えたところで、レース中断のアナウンス。
そしてそのままレースは短縮終了になりました。。
妥当な判断です。
続けていたら死人が出てもおかしくなかったでしょう。


さて、3時間経過時点の順位。
な、なんと!!我がNICOTAMAがKRトップになっているではありませんか!(45位)
しかもしかも、わずか1秒差の46位がJOMO!
(タックミーさんとjoyさんが同じトレインで走っていたので、その差ですね)
もし、3時間経過時点でカットしてくれれば、我らが勝利です。


しかし、残念ながら、公式ジャッジは、中断時のタイム。
1時間交替の我々は、3時間経過後にピットインしましたが、JOMOはそのまま走り続けたため、
結局、このピットロスが響いて、3分遅れの惜敗を喫しました。。

最終結果はJOMOが39位、NICOTAMAが45位、サミットが5*位でした。
532チーム中の45位ですから、目標の上位10%達成です!嬉しい!
14
JOMOに負けたのは悔しいですが、最有力のサミットに勝てたのは素直に嬉しいな。
正直、JOMOとサミットには大差で負けるかもと思ってましたから。思いの外、善戦できて大満足です。
あえて自ら「ガチチーム」と名乗った最低限の結果は残せたかな。

NICOTAMA Express。 
19
お疲れ様でした!

<1走目(8周)+2走目(1周)のデータ>
00
案の定、ヒョウの単独走行になった2走目のストレートが極端に遅いですね。
それを除けば、メインストレートは35㎞/h、バックストレートは40㎞/hを一応キープ出来ていますね。
1時間、最後までタレずに走り切れたのが、成長を感じられて嬉しい。後半のほうがペース上がってるし。 


さて、1時くらいになって、ようやく雨も上がりました。
寒くてブルブル震えていたところに、ラーメン「もじもじ家」と「DUCK亭」がオープン!待ってました!
13
ズブ濡れで冷えきった体に美味いのなんの!最高に旨かった^p^ごちそうさまでしたm(_ _)m


メインステージでは、表彰式が行われていました。
15
そして、小売店ならではの超豪華な賞品。
今回はゾロ目の順位が当選です。
44位だったら、ラレーの完成車がもらえたのですが、惜しくも我々は45位><;
私があとひとり抜いていれば・・・くぅぅ(涙)

参加賞は、去年はたしか、全員一律にチェーンオイル(小)かなんかでしたが、
今年は順位ごとに賞品が違う福袋システム。
これは面白い試みですね!

我々の戦利品(笑)
16
サドルバッグとボトルはともかく、オーバーサイズじゃないハンドル(苦笑)。使い道なし。
他のチームは、ジャージとかウォーマーとかペダルとか、結構いい賞品ゲットしてましたね。
我々が一番の「ハズレ」でした(T_T)

マビックのビブをゲットして大喜び!
17

パールイズミのウィンドブレークジャケット(1万5000円相当)を賭けて
真剣勝負じゃんけんをするオヤジたち。
18


まだまだエピソードは終わりません。
ななんと、我がKRが雑誌「BiCYCLE CLUB」を取材を受けました!
20台のKUOTA車は目立ったようですね。
20
今月20日発売号に、集合写真が(小さく)載るかもしれません。楽しみ!


帰りは、腹ペコになったので、先週に引き続きサコッシュさんでキーマカレー。やっぱうまーい\(^o^)/
22
そういえば、去年の帰りも寄ったな。


というわけで、ご参加の皆様、お疲れ様でした!
めっちゃ楽しい1日でした。ありがとうございます。
特に、早朝から場所取り、ベース設営、温かい飲み物&ラーメン提供をしていただいた皆様には、
心から御礼申し上げますm(_ _)m
おかげで快適に走りに専念できて、いい結果を残すことができました。

来年もどんどんレースに挑戦していきましょうね!
21

いつもありがとうございます!クリックしていただけると嬉しいです!m(_ _)m
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日の走行距離:122km
今月の累計距離:122km

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆